★愛犬 LOVEちゃん★

ポメラニアンの女の子の仔犬を飼う事になりました。 飼う限りは,LOVEを 大切に していくよ。【このBLOGは LOVEと私達の過ごしてる時間をアルバムとして記憶に残したく作成しています。】 2014年12月7日パパは天使へと亡くなりました。

愛するLOVEの命と共に。

CAP2L3O7.jpg

2006年1月14日に LOVEは 我家に 家族として 迎えました。

最初は 次男の愛犬でした。

ですが、 一緒に 時間を 共にして行くに連れて、、、

彼女(愛犬LOVEちゃん)は 掛け替えの無い 命(家族、存在)と なりました。

犬の10の約束にも ありますが、、、、


彼女(愛犬LOVEちゃん)の 命ある限り 彼女の命を 共に、生きようと 思うように

なりました。(彼女を 大切に してやりたい。命)


彼女は なくては ならない 存在、、、


そして 又、、、、息子たちの 成長と 共に、、、

彼女に とって 最終的には 私が なくては ならない人と なりました。



彼女、(愛犬LOVEちゃん)、、、、、


私は 彼女にとって 私の 自由を 奪われたとは おもっていません。


あの頃、(私達母子が 辛かった頃) 彼女によって、、、

次男は 救われたのですから。


そして、 長男も、、、、。







彼女が いるから 息子たちも 癒されている・・・・・、


彼女は 最初、 次男 そして、私の 淋しさから 迎えた犬でしたが、、、、


共に 暮らしていくなかで、、、   大切な 「家族」へと なっていきました。



彼女は 今年の11月で 3歳を 迎えます。


犬の 寿命は 10年足らずと 言います。


彼女を 迎えた以上、、、、 彼女に、愛情が わいています。


彼女と 共に 精一杯 彼女と 共の時間 命を 共に おくりたいと 思います。


              愛しているよ、 LOVE。



そして、、、、、


愛しているよ、



最愛なる  私の 息子たち、、、 大、 直。



彼らは 私の 誇りの 息子たちです。



「苦労でも なんでもない、、、、」



彼らと 過ごした時間は 親も子も 共に、一緒に 成長した


掛け替えない 貴重な 時間。





長男は、 口下手なので  いつも 気持ちを 歌で 伝えてきます。


「かりゆし58」の アンマーの歌が 母さん、 良いよって そっと


さりげなく 私に 伝えてきました。


歌を 聴きました。


かりゆしの 歌われている方の母さんと彼との 当時の成り行きも 知りました。



ただ、 私と 彼女と ひとつだけ 違います。


私は 全てを   受け入れました。



時々 私の 人生は 何だったんだろうと 思います。



ですが、、、、


太陽が 東から昇り、 そして 太陽が 西の空へと沈んでいく、、、、、



太陽の 空の 下で 暮らせる、 生きれる、、、、



生きている、、、、 そんな 何気ない 普通が 幸せなんだと 思います。



後、 何年  元気で いれるか 神のみぞ 知る。



でも 、、、、 私は   愛した 我が子達に


母さんの 色んな 記憶を   残して やりたいですね。



それが  過去形とか 言うのではなく、、、


彼らの 未来の 為に。



  母の ささやかな 想いです。


 最期に 私は 息子たち二人を 心から 誇りに 思っています。

優しい 息子たち、


 「ありがとう」


いくつになっても 頼りない 母さんで ガキな 母さんで ごめんね。



※画像;撮影 =  次男お兄ちゃん。




スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2009/05/28(木)
  2. 寺まま日記