★愛犬 LOVEちゃん★

ポメラニアンの女の子の仔犬を飼う事になりました。 飼う限りは,LOVEを 大切に していくよ。【このBLOGは LOVEと私達の過ごしてる時間をアルバムとして記憶に残したく作成しています。】 2014年12月7日パパは天使へと亡くなりました。

親子、愛犬。

今週末は いよいよ 次男の小学校生活最後の運動会です。
NIGHT OF FAIRの先日のBLOGから
http://teramama007.blog91.fc2.com/blog-entry-227.html

ダンス部門の、パラパラの踊りの練習(NIGHT OF FIRE)の
振り付けも 私は、完璧に覚え!
これで 当日 親子で振りを合わせて、バッチリ踊れます。
最高の息子(次男)との(これで、息子たち二人 小学校をあげるので)
想い出、記憶を 作りたいと 思います。

人に寄れば10人10色で バカみたいと 思われる方も
もしかしたら、おられるかも しれない。
ですが、 私は 思うのね。

子を つくる、産むのは 簡単です。(難産とかの意味でなく つくるという意味で)
ですが、
「親になる。親を 全うする。」というのは、 大変な事です。
親になる道を 選んだのなら、、、
時は 流れます。流れていくものです。
出来る範囲で いいから、、、
親と子の時間を 悔いなく 思いっきり 過ごしたいものです。
その中で 親も子も 同時に 一緒に 親としても 子としても
成長を していき、、、
最高の 親子に なれるのです。
(ある程度のみちのりを経て、親という時間を 過ごして 感じる事だから、、、。)


お父さんのお蔭で 暮らしが出来る、
そして、、、
お母さんのお蔭で 家族ひとりひとりの身の回り世話のスムーズな流れ、
家の事、子供達を守る、育てる。が 成り立つ、、、。

そんな親の姿を 子供達は 必ず観ています。


「犬と10の約束」 の映画のシーンで、、、
私が 一番心に 残ったシーンが ありました。
全くの核家族化の家庭・家族、日本の現代の企業、社会化現象において、、、
脚本家、監督が、この事を 伝えたい為の映画だったんだろうな
と この映画を 鑑賞して思いました。

それは このシーンから、、、。

ソックスが 老衰して、最期を 迎えようとしているシーンで
娘さんが(娘さんの希望で 犬を 飼う事になったのに)
こんな事を 言ってるシーンが ありましたね。

「お父さん、、、
 ソックス(愛犬)を飼った為に、 お父さんは 
 お父さんのやりたい事を断念して、、、
 好きな事も 、、、、あきらめて、、、
  ソックス(愛犬)の世話で 出来なかったのね・・・・、
 ごめんなさい。私は 好き勝手に ソックスを ほおっておいて
 自分の生活を楽しんでたのに・・・・。
   元々は、私が 飼おうって 言ったのに・・・、」


そのシーンで お父さんは 泣く娘さんに、 こう言いましたね。

「そんな事ないよ。
 忙しい、、、 家に居ない お父さんだった、、、
 お前は 淋しかったんだろう、、、
 だから 犬を 飼いたいと あの頃、言ったんだろう。
 そのソックス(愛犬)のおかげで、、、お前の寂しさが、、、
 癒してもらえ 救われたんだ。
 だから お父さんは 決して お前やソックスの為に、やりたい事を断念した、
 あきらめたなんて 全く思っていないよ。  
 逆に、ソックスに感謝しているんだよ。」
 

私も 家族に愛の風を吹き込んでくれた、LOVEに 感謝してます。
LOVEの生命の時間の最期まで しっかりと この手で
見てやりたい。
 LOVEと暮らし始め 暮らしていて 
  そう、、、 そう想うのです。

同時に 犬を飼うというには 犬にも 愛・感情が 有り、
「犬との10の約束」 という気持ちを 持てる飼い主であることなどでしょう。
その事を 映画では お母さんが娘さんに 話されていましたね。

 運動会、、、
父兄は 必死になって カメラで お子様の お写真を
お撮りになられますよね。
ですが、 私は カメラを持って 運動場を 走りまくります。
アルバムにして ホームページ(家族の記録)に 残してあげたいから・・・。
どの場所から 撮ったら ナイス!な写真が 撮れるかで、、、、
走りまくるんです。その姿を 息子は 観てたのですね。
何にも 言わないのに、 息子は 宿題も後まわしにして
一生懸命 作業を 机に向かって してたんですね。
『出来たーーー!!』と言って
私のところに 出来た事が 嬉しそうに 持ってきたんです。もう9時まわってます。
0805295SANY0406.jpg

こういう紙を7~8枚書いて、「母」と 書いた所が
お母さんが カメラを構えて撮る所だそうですよ。

もちろん お父さんも 愛する息子、、、
今年、カメラを 抱えて(晴天で当日実施出来たら)
貴方を 追ってシャッターを 押すでしょう、、、。

短距離走、大玉ころがし、その他の息子が 出る種目で
どの場所から 撮影したら 自分が うまく撮れるかを
前もって 私に こうして 書いてくれたのね。
ホントに 優しい気配りのある息子です。
毎年 私が カメラ持って 走り回っている母さんの姿を
見てたのね。 優しいなぁ~ 男っぽいなぁ~。

その時 LOVEは。。。
08052913SANY0431.jpg

スヤスヤ~ Zoooooooo~~~(ソファーで)

やっぱり 寝る時には 必ず 抱いて寝る
ブタさんと 一緒だね。可愛いね。LOVE。

************************************************************
■出来事メモ

明日、学校で 家庭科の調理実習の時間に 大根が
いることを 息子(次男)は 忘れていました。
気が ついたのが もう 夜中です。
コンビニに問い合わせたけれど 売ってない。。。
24時間大型スーパーなら あるけれど、
そこで お父さんが 深夜でも 買える大型スーパーで
仕事で 疲れているのに 寝る時間が 少なくなるのに
回り道して 大根を 買って来てくれました。

朝 次男とお父さんが すれ違う程の わずかな時間が
ありました。
次男は お父さんに 「お父さんも ありがとう。」って
感謝の言葉を 言いました。

ホントに 「いい子」という表現は 私は 嫌いなので、、、
「人の気持ちを 組みとめる子」だなって、、、
嬉しい朝でした。

お父さんも 嬉しかったのでは。



スポンサーサイト

テーマ:犬と子供のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2008/05/29(木)
  2. 寺まま日記