★愛犬 LOVEちゃん★

ポメラニアンの女の子の仔犬を飼う事になりました。 飼う限りは,LOVEを 大切に していくよ。【このBLOGは LOVEと私達の過ごしてる時間をアルバムとして記憶に残したく作成しています。】 2014年12月7日パパは天使へと亡くなりました。

奈良へお墓参りに帰省

8/12~8/14と、奈良へ 父のお墓参りを兼ねて 帰省してきました。
帰省の度に 「渋滞」 という文字が 脳裏に浮かぶのですが。。。
帰りは 5時間も たっぷり 事故&渋滞という ダブルパンチで
名古屋へ 帰還しました。

奈良でのひとこまより。



0808147SANY0273.jpg

最初の頃は LOVEが一緒に来るのを 抵抗が あった母が、
最近は 慣れてくれました。??
ということで こうして ノーリードで、母宅でも 出来るように なりました。




0808146SANY0251.jpg

暖かい時期に帰省してるので、こうして 母宅のリビングで
寝床は、ごろ寝してます。(布団出す手間が 省けるからね)



寺まま;「あら~、LOVEちゃん 起きたの?暑くなる前に 朝のお散歩行こうね。」

奈良への帰省は 冬は避けます。
奈良へ帰省する時、ある山を 越えるのに、東名阪の ある部分が 
よく凍結するんですよね。
(カーブくねくねで 事故が多いところが あるんだよね。)

帰省時には 息子にとって 大切な親戚
Kおじさんと Kおじさんの友人とで 奈良のカラオケへ 行きました。
Kおじさんの ワンマンショーでした。
(46歳なのですが。。。若い!!!汗 汗ですよ。。。。)

亡き父のお墓参りも しっかりと してきました。
なかなか 奈良へ帰れないので、
しっかりと 父のお墓を 綺麗に してきました。

毎回、 お父さんのお墓に 父の好きだったビールを まいてあげます。


まく前に、 父と 「乾杯!!!」 して 私が 飲んでから、、、
父の墓石の回りに まいてあげます。
これが、 亡き父にとってへの 愛してくれた娘、私からの
最高の親孝行(時間)だと 私は、信じてるんですよね。

Kおじさん(私の兄)と一緒に 奈良では 有名な(らーめん通ではご存知の)

「天理らーめん」 ←(クリック)へ行きました。

08081415.jpg


08081414.jpg


スタミナラーメン、大と小が あるのですが、普通の方なら 小で丁度かな。


08081413.jpg
昔は、天理のある一角で こうして(上の写真) トラックに店を くっつけて
天理らーめんは 「屋台」だったんです。



天理らーめんの 元祖時代は 私が 青春時代の頃でした。
バイトを 終えると よく バイト仲間と 天理らーめんの屋台へ
天理らーめんを 食べに行きました。
(当時の奈良っ子は みんな 天理らーめんが 大好きでした。)

昔の懐かしい味ということで 天理らーめんへ 帰省の時は
よく 行くのですが、
現在は 規模が 大きくなって チェーン店に なっています。
当時 青春時代、よく食べた天理らーめんと 菜華らーめんとの違いが
(菜華らーめんは 24号と25号線の間のV字の地に ありました。)
未だに わかりません。。。謎 謎 謎・・・・。

天理らーめんへ 当時を 思い出して 食べに行くのですが、
味は 当時の天理らーめんを もう一度 食べたいなぁ~って
思うのは 私だけかな?

当時、天理らーめんの特徴は キムチだったのかな?
豆板醤で 赤かったのかな~?っていう 
少し辛めの 白菜たっぷり!!!のらーめんが 
屋台で食べていた頃の 天理らーめんでした。
そこに 程よく 豚肉が からまって うまかったなぁ~。
当時は 屋台だったので、 寒い冬は そのらーめんを
ハフハフ言って バイト仲間と温まりながら 食べたものです。



帰省しても 私は、日課のジョギングは しているのですが
ジョギングの途中 小学校・中学校を共にした
地元の友達と 約束していたので 会いに 寄りました。



08081416.jpg

メールや年賀状などは 今までも していたのですが、
会う時間を とれたのは 今回です。
わずか 一時間弱の再開の 時間でしたが、
すっかり 44歳になった 私達は 当時のままの
まりちゃん せいこちゃん まきちゃんでした。
懐かしさのあまり、 小学校時代の超おてんばだった頃の話や
バスケットの部活時代の話など など・・・・
話が 盛り上がりました。
写真撮ろう!!ということになり まりちゃんの携帯で 撮ってくれました。
写真は 当時の 会えなかった やすこちゃんにも、「添付メール」で
せいこちゃんが、送ってくれていました。


ボヤ無しで 載せよう~!!
って いう事になり、(みんなで 口紅ぬってと。。。)

「パチっ。」

いくつになっても 地元の友達と 会うと、、、
昔のままなんだよね。
「まきちゃん」 って・・・ね。
それが とっても 私は、嬉しいです。



まりちゃんが 大切な本を 私に持たしてくれました。
きっと まりちゃんが 大切に読んでいたのか、、、
心のとめておきたい文が 書かれているページだったんだろう、
ところどころに 折り目が ついていました。
まり~、全部 必ず 読むからね。
まりの大切な本、 ありがとう。

他、やすこちゃん、ともこ、わら
そして、せいこちゃん まり・・・
小学校・中学校時代の 今でも大切な 地元の友達だよ。


・・・・と あっという間の二泊三日でした。
今回は Kおじさんと Kおじさんの友人が
次男を 連れて 夜 大阪(心斎橋)へ 遊びに ぶぅ~んと行きました。
次男は とても 楽しい思い出に なったそうです。

いろいろありましたが、、、
毎回 名古屋へ戻る時、、、
名古屋への帰省路から 見える 最後の奈良の景色の
見えるところ、、、
高峰サービスエリア、
ここから見える 生駒山(奈良と大阪の間にある山)を
バックに見える 奈良の街を見ては、、、
胸が いっぱいになります。

高峰サービスエリアは 父が 生前(私が仮免許だった頃)
高速道路の練習にと 父が助手席に乗ってくれて
行った想い出のあるところです。
その時、父とした会話や 情景が 思い出され、、、
このサービスエリアを 見るたび 胸が いっぱいに なります。
ホントに 最高の父でした。

奈良の街が見える最後の場所、高峰サービスエリアにて。


0808148SANY0283.jpg

※バックに見える山が生駒山(大阪と奈良の間の山)
 手前が 奈良の街並みです。


0808149SANY0289.jpg


親子、、、
親子だから わがまま放題言える、、、
でも 親子だからこそ、、、
心を傷つけないように 言葉には 気をつけなければ ならない、、、



毎回、「ごめんね。」 という想いで 名古屋へ戻る時の道、、、
奈良の街並みが 最後に見える この景色を みつめて、、、
愛する母、兄を、、、想う。


スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2008/08/15(金)