★愛犬 LOVEちゃん★

ポメラニアンの女の子の仔犬を飼う事になりました。 飼う限りは,LOVEを 大切に していくよ。【このBLOGは LOVEと私達の過ごしてる時間をアルバムとして記憶に残したく作成しています。】 2014年12月7日パパは天使へと亡くなりました。

TSURAI。。。。

今日は ちょっこり 自分の事書きますね。

私は 自分に 置かれた子育て時代の自分への現状で

相当、 自分の体に 無理を してきました。

14年間の無茶苦茶な無理が 溜まって とうとう、倒れてしまい、

2005年の1月の正月に 大きな 手術を 強制というか、、、

しなくては ならないほどの 激痛が 起こりました。

体が 大変な 事に なっていました。

そして、長男を 産んでから 発症した ある病気も、

現在に 至ってまで 無理が 重なり、 ずっと 検査と薬です。

又、 約3~4年前から 発症した 慢性になってしまってるの???

じんましん症状にも 苦しんでて。。。結構 大変ですね。これって。

プチプチが こんにちはって ほぼ 一日中 出てきたり

かゆさでね。。。。 かゆ~い。。。キュン キュン



又、15歳の頃に 発症した 結石症から、 当時の まだ

今と違って 当時のまだ、遅れていた手術の後遺症からなのか、、、

尿管が 狭窄してしまい、又、 体質か 遺伝からか 謎ですが・・・

毎年 結石が 多石が 出来るという事で、、、

本当は 入院しての 手術が 必要なのですが。。。

お産後は 子育てで 入院してられなくて、

全て 外来オペで 済ませ、 無茶苦茶な処置を してきました。

本当は オペが 必要なのも、 市販の痛み止めで 激痛を とめたり、、、

もちろん、 同じマンションで 友人(子育て仲間)が 旦那さんが

東京支社への転勤時代 ありましたが、、、

同じ様に 友人も子育て中、、、

又、 他人ですので 身内の様には 甘えられたりの、いきませんよね。

大学病院での 治療を 勧められましたが、、、

小さな子を 抱えての大学病院への 通院なんて。。。

(東京は 当時、駅での 乗り換えが エスカレーターやエレベーターなど
 福祉に 万全で なかったのね。)

病んだ体で ベビーカーを 抱え上げての 新宿のあの長い階段を

上り下りするのは きつかったのね。

なので、、、 自然と 病院通院も 諦め、、、

市販の痛み止めで しのいできた、子育ての14年間でしたが、、、

とうとう 2005年の元旦に 倒れてしまいました。

二人目 妊娠の頃も  胎児への 悪影響を 考え

麻酔なしで  又、  上の子も いるので 

外来オペ(入院なしで) を 数々 した事も ありました。

今から 考えると メチャクチャな事でしたね。

でも 本当に 母は 強しです。

そんな自分に 母として なってたんですよね。



恐らく、 天国から 父が 告げてくれたんだと思います。

これ以上 手当てが 遅れていたら 転移も していました。



当時、 私の母は 父を 突然死で 亡くしたばかりだった為

号泣中で (今でも これだけは ぬぐえませんが・・・)

又、 いろいろ事情が あっていたので、

母には 内緒で 手術を 受けたました。




そして、、、 当時 次男は まだ 1年生でしたが、、、

色々 当時から あって、、、

次男は 一人で 学校後 お留守番を 夜しました。

本当に しっかりとした次男です。当時から。




旦那さんも 本当に 政治家の2番目に 多忙なんじゃないかというくらい

激務の仕事を している 旦那さんですが、、、、

私が 倒れると 一番 大変で 迷惑を かけるのが、
旦那さんだと 思います。

当時 旦那さんも 大変だったと 思います。感謝ですね。



手術を 行った日、

その病院の 手術を してくださった院長先生や 婦長さんが、、、、

あまりにもの 悪化しきってた私の体で、、、 

本当に よく ここまで 通院も出来ず 頑張ってきたなという

想いを されたようです。

泣かれながら、 

『よく こんなに 悪化するまで 手術や 治療を せず、 頑張ったね。

 こんなに 悪化していたんだから・・・ 辛かったでしょう、』

と、 想像も つかなかったくらい 院長先生と婦長さんが、

私に 向かって 涙を 流されながら 同情を してくださいました。




膀胱は 後遺症で 慢性膀胱炎に なってしまい、、、
(体内に、カテーテルの 入れたり 出したりの繰り返しの長年だったので、)

現在では もう ボロボロに なっています。

それに対しての 症状が 起きるので、、、

汗を 人以上に 流して むくみを 防いでます。


蕁麻疹の方は 毎日24時間が 蕁麻疹との なかよし生活。

本当に 眠いのに、 蕁麻疹で 睡眠妨害されちゃうし、

何よりも、 蕁麻疹が 出てる時は 人が 見たら ビックリこける

くらいの症状に なります。

又、 腎臓・尿管結石症から 起きる

現在は 片方の腎臓しか 機能して無いため、、、

色んな 合併症や、 鈍痛 傷み 血尿、 たんぱく、 

それに類する症状が 起きるわけで。。。。、

「負けたくない。」そういう想いもあり、、、

もう やっと 手術後 走れる様な 体に なってからですので

毎日の日課の 8キロRUNを はじめて まる 4年経ちました。


子育て時代には 人それぞれに 環境に 恵まれた方、

不運な方が います。

その不運の方なら 「うんうん」って 共感して くださると
思いますが、


必ず その無理な事をしていた年月のモノは 後に 来ますねよね。

もう 精神状態と 持久力は 10代なのですが。。。

体は ボロボロに なってます。脳みそは???

まぁ それなりに。。。。

気兼ねなく 安心して 預けられるところがある 子育てが 出来るという方は

子育てで 恵まれていると 感じます。



子育て時代、 そして、 又 その後の 又 違った意味での子育て時代に、

全部を 背負って 相当 私は。。。体に 無理していたのか、、、

大変です。。。。





私は、スポーツ、 走ってるときが 一番好きです。



どんな悪天候でも 走ることを 休まず この4年間が 過ぎてます。

なので。。。今の 携帯(防水機能の携帯)に なってから 便利ですが。

関係ないっか、 でも 今 使用してる携帯は めちゃくちゃ

機能が 気にいってます。よう 話 飛びますね(汗。。。




最近、 次男の言葉で 心に残った言葉から。

ある自殺の特集の番組が テレビから 流れていたのね。

その時、 次男が ひとりごとのように・・・・、

『お母さんが 命かけて 一生懸命生んでくれた命を おとすなんて、

 絶対 いけないよ!!!』って  流れるテレビに向かって

つぶやいてた次男の言葉 姿勢に 胸が 打たれるものが ありました。




又、  夜 走りに 行って 戻ってきたとき、

玄関の鍵が 上も下も 施錠してありました。

次男は 塾へと 行ったわけですが、、、

上だけでなく 下も 施錠してあったことを 聞くと、

不審者から(多いのね このニュースが) LOVEを 守る為だよと

次男が 言った事。  

        男らしいなぁって 感じました。



又  ここ 数週間 慢性膀胱炎と 結石症での 最悪な症状の合併症で

キツイ状態で ある朝 とうとう ソファーに 激痛で 倒れてしまった私を

次男は 毛布を 背中まで しっかりと 毛布で 私を くるみ

アイスノンで 頭を 冷やしてくれ 手を 握って 早く 帰ってくるからね。

と言って 学校へ 行きました。

この子は 小学校1年生から 私が 入院の為 たった一人で

お留守番も こなしてきた しっかりとした子ですが、、、、

又、  次男というのは いろんな意味で しっかりしますよね。

その現実の現状を 見てくるわけですから。

どんな時も  優しさと温かさで 支えてくれた 次男でした。

彼が いるから、、、、 強引に 乗り越えてきたようにも 想う。




又、  長年やってる バドミントンを 共に させて戴いてる方から、、、

こんな言葉を かけてこられました。


『寺ちゃん、、、 坊主は ひとりでお留守番か??? 
 いつも 一緒に 連れて気とったなぁ、、、
 僕ちゃん、、、 大きく 成長したんだなぁ~、
 でもな、 長年、 僕ちゃんを 連れて バドミントンで 
 体育館に来ていた事は
 一生の 寺ちゃん母子の 想い出として 残るぞ。

  お父さんが 仕事で 大変で遅いから、、、
  寺ちゃんは よく頑張ったな。』

って しみじみ 靴を ロッカーに 入れてる動作を してる時に

声を かけてくださいました。



次男が 一年生の頃から 約5年間 体育館へ バドミントンに 

連れ歩いてました。



その通りなんです。その人が 言われるように、、、

次男が 一年生から 5年生まで 体育館に

バドミントンで 連れ歩いていた事は 良き 温まる

次男と私だけの想い出として 残りました。

一緒に 休憩中、 次男と バドミントンを したこと・・・、


恐らく 彼にとっても 母さんとの想い出に残る事でしょう。







又、 冬は 寒く冷える体育館 夏は 蒸し風呂の 体育館と、、、、

休憩の時は 次男の相手をして、(自分の休憩を やめて)

バドミントンの相手を してあげ 次男が 退屈しないように

又、 冬は 体が 温まるようにと してきました。


母のプレーを 観てきた次男が すっかり バドミントンが 上手に

育っていました。

又、 スポーツに興味の ある子に 育っていました。




もう、 あかん、 むくんで 倒れるんちゃうか、、、、という
症状が ここ数週間前から 発症してましたが、、、



いつもの 私の強引のアクションで、
ぶっ飛ばしました。



というか、、、 倒れてる間 寝込んでる事なんて してられないですよね。

お母さんが 倒れたら 一家は 大変 緊急時代です。




最近 次男が こんな事を ふと 会話の中で 言ってました。





『僕の 最大の親孝行は 中型バイクの免許を とった時に、

 その時の 僕の彼女と 母さんを 後ろに 乗せることが

 僕の 最大の親孝行だと 思っておいてね、 母さん。』・・・・・。





頼もしく 成長してきてる次男に 優しい 温かい心を 持った子に


成長してきてるのに  感動でした。胸が いっぱいに なりました。



そして、


長男が うまいからと  おみやげに 仕事の先輩と 行った店で

焼肉を たくさん 持って帰ってくれた事が 嬉しかった。

ぶっきらぼう的な 表現ですが、 長男の気持ちが 伝わります。




今日、 もう 日にちが 変わってますが、

昨日の夕方、、、

何年振りでしょうか、、、20年近くぶり????

お父さんが 私の影響で  出来る時は 走るようになったRUNの

後ろを さりげなく 私は、 ついて  走りました。


一生懸命 走ってる お父さんの 後姿を見て。。。

言葉では 表現出来ないような 想いを 感じました。

ほんとに 言葉には 表現出来ない いっぱいの 想いですね。

本人は 走りにくかったと ぼやいてましたが。。。。(笑






昨夜は  長男が 教えてくれた うまい 焼肉屋に 行きました。

うまかったー!

ドライバー係りを 私が、引き受けて お父さんは 思いっきり

美味しい ビールと 特上カルビを 食べました。


息子が 仕事の先輩と 来たんやなぁ~って 想うと

息子の成長ぶりも 頼もしく 感じながら 美味しい

焼肉を いただきました。


写真を 何枚か 撮ってきてるので 後日 アップしますね。



何だか ここ 数週間 猛烈に 体調が 合併症で きつかったのと、

又、 嬉しかった 息子たちや 自分のまわりの方からの言葉などで

感じた事などを 今日は 文だけで(日記)だけで 書いてみました。



 本当に 声を 大にして 言えます。

      「母親は 強し!」





じんましんで かゆくて かゆくて。。。。

寝そびれてしまったので。。。。

日記でも 書いていました。

が。。。。 もう 朝です。



今から 長男の 臨時出勤の為(日曜日)

弁当入れを したいと 思います。



あっ、 それと わんこ連れOKの 穴場を みつけてきたので

後日 アップしたいと 思います。写真も 撮ってきたので。

もう、 知ってるわという 方も おられるかも しれませんが。。。


私も 知ってましたが わんこ連れOKまでは 知らなかったので。。。


大感激でした!!!!


はまりそうです。


わんこ連れOKの お店での 美味しい メニューも 撮ってきたので

後日 アップします。。。。




        では では。。。。


よいしょっと。。。。






スポンサーサイト

テーマ:犬と子供のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2008/10/19(日)
  2. 寺まま日記