★愛犬 LOVEちゃん★

ポメラニアンの女の子の仔犬を飼う事になりました。 飼う限りは,LOVEを 大切に していくよ。【このBLOGは LOVEと私達の過ごしてる時間をアルバムとして記憶に残したく作成しています。】 2014年12月7日パパは天使へと亡くなりました。

6月25日マイケル・ジャクソンの死

CAM4SAXU.jpg

※画像撮影:寺まま
 LOVEが 夜中 寺ままのお布団で 安堵感を 得ながら お寝んねしている
 LOVEちゃんから。



6月25日・・・・

 マイケル。ジャクソンの死を 知りました。


マイケル・ジャクソン・・・

10代後半の時、、、 それは、40代半ばの世代にとっては、、、

青春そのものでした。

バイト先のカフェバーで 連日のように マイケル・ジャクソンが

流されました。

当時は ディスコと 言いましたが、大阪のディスコに 行くと、

必ず 必ず、マイケルの歌が 流れていました。



バイト仲間と マイケルのダンスの真似を 徹底的に、したものです。


マイケルのテープを 当時は ウォークマンと 言いましたが、

テープが 擦り切れるほど 聴いたものです。


マイケル・ジャクソン、、、、、


私にとっては 青春そのものでした。


彼のエンターティメントとしてのマイケルだけでなく

彼の持っている人間的なモノ すべてが  好きでした。



 彼の死、マイケル・ジャクソンの死を 知った時、、、


何か 私の心の中が ポッカリ 穴が 空きました。



 マイケルの 音楽は 息子たちの世代にも 受け継がせたいなって 思います。


 心から 心から 彼、

        マイケル・ジャクソンに 私たちの 青春を


   「ありがとう。」って いう 想いです。



マイケルの死を 知った時、


これで 良かったんだって 思いました。


 50歳で 彼の人生に ピリオド。


        彼らしいなと ・・・・・、



 私達の記憶である マイケル・ジャクソンのままで、、、



 去って行ったんだなと、、、、。


スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/29(月)
  2. 寺まま日記