★愛犬 LOVEちゃん★

ポメラニアンの女の子の仔犬を飼う事になりました。 飼う限りは,LOVEを 大切に していくよ。【このBLOGは LOVEと私達の過ごしてる時間をアルバムとして記憶に残したく作成しています。】 2014年12月7日パパは天使へと亡くなりました。

心の癒し、和みを「ありがとう、LOVE」

CA0YJP4T.jpg



CAJHFRW8.jpg


世では シルバーホリデー?ウィーク?と 言われてますが、

 私のふるさと迄は 車で 高速飛ばして 三時間程ですが、(渋滞無かったら)、、、

その三時間が、 私にとっては 遠いです。


 抱えてる事、、、、 自由に 母の元へは 帰れません。



 いくつになっても 人にとって、、、



         母は 母なんですよね。子にとって、、、、。



 自分も 親という 立場に なっている、、、、

又、  事情が あって 自由に 母の元へ 帰れない、、、。



    
 声を 出しまくって 笑いまくっていないと、 潰れちゃいそうに なるときって、、、

あるんだよね。 人って 誰だって そうだよね・・・・・、


 でも、 まぁ、 息子たちは 『母さんは おもろい!!』って イメージを

持ってますが。。。。。。(汗、ズテっ。。。




  ふと、 目を やると、 LOVEのあどけない 瞳、、、、

人間の気持ちを 全部 察知してるんだよね。

     
  わんこって 飼い主の肌に 触れたがるんですよね。

触れてると、   安心なのかな。


    私は、 二人の愛する息子、 そして 息子の大切な人の母さんとして、、、

  
    幸せです。ホントに 優しい 親想いの子達です。




   

         夢の中に  故郷、奈良の家が 出てきます。


 昨夜、テレビの某旅番組で 奈良特集でした。

 三条通り、 東向き通り、、、、東大寺、 大仏様、 奈良の鹿ちゃん達。。。



 私の家の店は 東向き通りすぐ近くの、三条通りに 当時 ありました。

テレビに 写る場所 場所に 幼少時代の想い出が 浮かび、、、


 涙が  大滝のように 溢れて 泣きまくっていたら。。。。


いつものように 二男が ティッシュを 私の目玉に、宅配してくれました。


  自分も 母親、、、、。


         「母親」・・・・・・・・・・、母の想い、、、、


     それは 年齢の 加齢なる事で、 変わるものでは決してない・・・・。




私は いつも 自分にも 母にも 言う言葉が ある。



 「未来には 必ず 必ず お日様が てんてんと 照るよ。」ってね。



 同時に、 「必ず お空から 父が 見守ってくれている。」と、、、、。必ず。




                   LOVE、、、、



 LOVEという名は、 みんなに 「愛の灯り」を 灯してくれるようにという意味で


 名づけました。


                       LOVE、





          愛しているよ。いつも ありがとう。


CA2DFCOA.jpg
CA5NN72Z.jpg
CA5RQ2OQ.jpg
CA6INI3Q.jpg
CABGEMBM.jpg
CAD7AO84.jpg
CAM7ZSN0.jpg
CANR7HY0.jpg

CAVX2L6P.jpg

CAHOJJR8.jpg

CATQ2QLK.jpg


母、、、、


私は 母の最期は 私の手元で 必ず 見てあげたい。

最期くらい  最期くらい、、、


娘として 納得したい時間を 持ちたい。


      


 


           




  






   
スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2009/09/22(火)
  2. 寺まま日記