★愛犬 LOVEちゃん★

ポメラニアンの女の子の仔犬を飼う事になりました。 飼う限りは,LOVEを 大切に していくよ。【このBLOGは LOVEと私達の過ごしてる時間をアルバムとして記憶に残したく作成しています。】 2014年12月7日パパは天使へと亡くなりました。

こたつ! やばい!!!

ほんまに 年末に なってくると 忙しいですねぇ。。。

あれも これも それも。。。。

CA3A0786-2012-12-16.jpg
自分が  不在の時  LOVEが 暖を 摂れる様にと 

こたつを ONにして 出かけると

                 ヤバイ!



なのです。 こんな風に こたつの 中に 上手に 

 あらぁ~~~ よっこいぃしょっと
ってな 具合で 入っちゃうんですよね。




CA3A0785-2012-12-16.jpg
その後 というものは。。。。。。

焼き鳥??? 焼き犬???? 縁起でもない!!!!!!


LOVEが 爆睡してまうと。。。。

テカテカに LOVEの体温が あがって えらいこと えらいこと!!!!



CA3A0789-2012-12-16.jpg
その ヤバサを 知ってからは お布団を 片面開けて 通気よく しておくのですが。。。。

やっぱり。。。。

空調暖房が 一番 いい暖だね。(自分が 不在の場合 我が家は ガス暖なので)


空調19度設定(その日の気温に寄って変動)

静音設定で   向きを 足元への 向きに  設定していきます。

DSCN1439 (640x480)


あらららららああらららららららっら・・・・・・・・・


又   こたつの中だぁ~~~~~~~~



おかげで。。。。。


直火焼きに ならないように。。。。


こたつの 足の長さを 補助器具で 7センチ 高さを あげた ままでした とさ。。。。





「鳥羽わんわんパラダイスホテル with 母」


前回の記事日記の つづきを ただ今 時間のある合間に 製作中です!!!!


高齢に なっている 母を 連れての 旅、、、、、


自分は この BLOGを アルバム 家族の記録 記憶として 残してます。


自分の心中など、、、、


想うまま、、、、に (もちろん この場で 書ける 範囲ですが)



母とした わんこの ホテルでの 記憶 

夫婦岩での 記憶

自分の心中など LOVEへの 愛情などを、、、、


残したいと 思ってます。


記事は。。。。。。

           つづく。。。。。。。





******************************************************************************





 おやすみなさい。


誰に 言ってるのやら。。。。


今日は (実際には 日付が 変わったから 昨日やな)悲しいこと あってん。





トレーニングの帰り、、、

車で 通りかかったら

子猫ちゃんが 車に ひかれて。。。。。 ぴくぴく。。。


速攻で 自分は MY CARを 路肩に 停めて

子猫ちゃんを 救助しにいってん。



でも でも。。。。。。


ピクピクピクピク、、、、、 ピク・・・・・・で、、、、。涙 私 泣く。


でも 助けてあげてん、


せめて  もう これ以上  他の 車に 引かれないように、、、、。


そして 役所に 連絡してん。

そして   天国へ 行けるように お祈りを 捧げてん。猫ちゃんに、、、。




今日は 親父の 命日だったので


天国の 親父に 猫ちゃんが 無事 天国で 眠れるよう、、、、


お願いしてん。



人間によって 無意味な 犬 猫の 繁殖、、、、


そして 犬や 猫が モノを 扱うように 処分されてく、、、、、。




自分は そんな場面に 直面すると ほんまに 悲しいです。


犬も 猫も 生き物なんです。


命あるのです。


せつないね、、、、。 無力な 自分に たまらなく なるな。


今日は 猛烈に 落ち込み ぱなっしでした。


脳裏から 猫ちゃんの 痛がっていたあの姿が 離れません。



 猫ちゃん 子猫ちゃん、、、、



              安らかに 眠るんだよ。




せめて これ以上  もう 車に 引かれないように


私、、、、 どんどん 来る 車を 停めて、、、

子猫ちゃんを 守ったからね。


  愛しかったんだ、、、 私が 守って あげなきゃって 思ったんだ。




プラスに 思いたい。

子猫ちゃんの死は 悲しいことだけど、、、、

たまたま そこを 通りかかった 自分に よって、、、


子猫ちゃんを これ以上 車に 引かれないようにと、、、

守ってあげれたこと。


それによって 安らかに 天国へ 子猫ちゃんは 行けたんだって、、、。


  せめて     そう 思いたい。



            せつないね。



帰宅後 LOVEを 思いっきり


抱きしめ ハグしました。



             愛しているよ



                    LOVE




     守っていくよ



                     LOVE。





                 by    寺まま



LOVEの 和む 画像より

CA3A0791-2012-12-16.jpg
CA3A0790-2012-12-16.jpg
ままの 隣りに すぐ くっついてくる LOVEたん。

ままの 隣りで 安心しきって スーピー スーピー。


こんな LOVEたんを 見ると 


ほんま たまらんね。


   愛しているよ  


                LOVE。






スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2012/12/18(火)
  2. LOVE日記