★愛犬 LOVEちゃん★

ポメラニアンの女の子の仔犬を飼う事になりました。 飼う限りは,LOVEを 大切に していくよ。【このBLOGは LOVEと私達の過ごしてる時間をアルバムとして記憶に残したく作成しています。】 2014年12月7日パパは天使へと亡くなりました。

「愛」

LOVEたんと 暮らし始めて もうすぐ(この秋) 8年目だね。

LOVEの赤ちゃんの頃から 現在へ 成長してく LOVEたんのアルバム
ジャングルジム遊びのLOVE愛犬 LOVEちゃん

アイアイ(足)とんとん。。。おんぶひものLOVE



キティ服LOVEアップakacyanlove2.jpg



07031015.jpg0703lovebeef.jpg


07052.jpg07051.jpg



ohayo.jpg0706loveosuwari.jpg


0706oennebutasannto.jpg0706onenne.jpg


0706lovede-su.jpgoyasuminasai.jpg


hpchangeSANY0058.jpg


0708lovedesu.jpg琵琶湖を 眺めるLOVEちゃん


お尻まわりの デザインカットだよ


重り付いてても 行っちゃうぞ~ぃLOVEでしゅよ~、可愛いでしゅか?可愛いよねー!うんうん。


hpnagoyakou29SANY0318.jpg


hpnagoyakou33SANY0309.jpg


07123.jpg08020311SANY0331.jpg
0805082SANY0194.jpg


08051715SANY0347.jpg


0810151.jpg0811109.jpg


LOVEでちゅよ~


09011814.jpg


09040926.jpg


09040929.jpg


0904192.jpg


hpDSCN0376.jpg


2013041013520000-2013-04-14.jpg


CA3A0815-2013-01-06.jpg


CA3A0880-2013-03-22.jpg


IMG_1778 (640x427)


IMG_1733 (640x427)


2013041414020000-2013-04-14.jpg


2013061215470002-2013-06-25.jpg


2013062021040001-2013-06-25.jpg


2013060214110001-2013-06-25.jpg


2013062719450000-2013-06-29.jpg


2013063015010001-2013-07-04.jpg
パパかな? パパの姿(帰り)を 追う LOVEたん

2013063015020000-2013-07-04.jpg


2013080323140001-2013-08-05.jpg

2013072016320001-2013-07-30.jpg




LOVEたん LOVE


                 愛しているよ。


                守っていくからね。




※ ほんの アルバムの 一部より 

*******************************************************


世では 色んな事件が 起きている。

自分的には この世は 矛盾が 世の中。


親は 最初から 親では なく、、、

親は 子と 一緒に 成長してゆき

ホントの意味での 「親」と なってゆく。


良いことも 辛い事も 全てを 経験 勉強と 受け止め

人としても 成長してゆく。


世では 過保護という 言葉が ある。

「過保護」と 「親として命を 賭けて 守る」と 

意味が 違う。


親は 子の幸せを 祈る。

親は 自分の命に 変えても 子の幸せを 願う。


心無い言葉を 発っする世が、 

最終的に 子を 守るわけでも ない。


親というものは 自分の命を 賭けてでも

子を 守る。


そして、、、

子は そんな親の子への必死な姿から 

本当の意味での「愛」を 知って

成長してゆく。(親というモノを 知ってゆく)



世では 色んな 事件が 発している。

そんな世を つくったのは  「世」。



でも それに もがいても もがくモノは 

アリの一匹にしか すぎない。



親、、、


一番 子を愛し 子の気持ちを 理解し、

一番 子を 最終的に 見放さず

自分の命を 賭けてでも 守り抜くのは、、、


世の誰でも 誰でも 誰でも ない。



 それは、、、、


          「親」



(付け加え)

※親のいない子たちも いる。

 その子たちは その子たちなりに 必死に 生きている。







人は 傷みを 何度も 何度も 繰り返し、、、

人への「優しさ・おもいやり」を 感じれるように

なっていく。

自分は そう思う。



ある人が 詠んだ詩が ある。




    強い人に なるには

       たくさんの挫折が 必要です。


    優しい人に なるには

       何度もの哀しさが 必要です。















 

スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2013/08/07(水)
  2. 寺まま日記