★愛犬 LOVEちゃん★

ポメラニアンの女の子の仔犬を飼う事になりました。 飼う限りは,LOVEを 大切に していくよ。【このBLOGは LOVEと私達の過ごしてる時間をアルバムとして記憶に残したく作成しています。】 2014年12月7日パパは天使へと亡くなりました。

LOVEを 初めて 迎えた日のLOVE(赤ちゃんの頃)

どうぞ
 ムーン・リバー の曲を 聴きながら
このBLOGを ご覧下さると 嬉しいです。
       
       ★★★★★

LOVEを 初めて迎えた日のLOVEだよ


平成18年の11月25日に LOVEは 生まれ
平成19年の1月14日に LOVEは 我が家に
やってきました。「ありがとう。」
最初は 犬を 飼うという事に対して、
自由も 束縛されるし いかに 飼えるだろうかと、、、
不安いっぱいでした。

ですが、 現在は なくては ならない
ペット以上の 存在、、、 
我が娘のようです。

※画像は お店へLOVEを 迎えに行った日の写真です。

数回 LOVEが 気になって 次男と お店で
LOVEを 観ていました。
目と目が あって、、、 次男の直のところに
行きたいよ~って視線を 感じました。

鮮度 迷った末 君を(LOVE)を 飼う事になりました。
飼う限りは、、、 君の人生全てを 一緒に 歩もうね。
大切に するよ。誓うよ。

彼女が 来てくれてから、、、、
息子たちも 癒されています。可愛いのね。

今日は 長男の事で 嬉しい事が ありました。
親とは、、、
子が 元気で 過ごしてくれている、、、
ただ それだけで 充分だものです。

特に、、、 これだけの経験を してきた親に
とっては、、、、、
本当に 普通が 一番 心が 和みます。

母親とは、、、 基本的に 「優しい」が
一番だと 寺ままは 想っています。

そして、、、、、
そっと 一歩引いて 「見守る。」です。

普通の親様より 何倍もの 何倍もの
涙を 流してきましたが、、、、

やっと やっと 太陽の陽が 見えてきたような
そんな気が します。

母親とは それだけで 充分なんですよ。
そう、、、 それだけで、、、、、

************************************************
嘘の様な 偶然です。
LOVEは 血統書付きの ポメラニアンなのですが
LOVEの お父さんは 次男の直と
誕生日が 同日です。

又 LOVEの お母さんは 寺ままの誕生日と
同日だったんですよ。

改めて 血統書の書類を 拝見して
この偶然には 驚きです。
きっと LOVEは 私達のところに
やってきてくれるのが、、、、
運命だったように 思いました。
スポンサーサイト

テーマ:犬と子供のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2007/10/10(水)
  2. LOVE日記